2011年11月09日

エコ隊…会田小学校へ!

IMGP3162.JPG

松本市立会田小学校。
旧四賀村の中心部です…。
松本市の「エコ隊」事業の一環として、nano花隊が授業におじゃまして、搾油実演&体験してきました。
「エコ隊」とは、環境活動を行っている市民グループなどが、小中学校にメニュー提案をして招かれるもので、松本市役所環境政策課がマッチングを行っています。

IMGP3164.JPG

『よくあそび よくまなべ』
いいですね〜!
会田小学校は全校児童数約60名の小さな学校。
今日は3年生12名の授業です。
3〜4時間目の総合的な学習の時間におじゃましました。

IMGP3165.JPG

みんなが毎日食べている油のこと、考えたことある?
何からできてるのかな?どうやって出来てくるのかな?
ひと通り勉強してみましたよ。
そして…菜種・ベニバナ・ヒマワリの種を見てみました。
こんなに堅いのに、油が出てくるのかなぁ〜?

IMGP3167.JPG

興味津々の子ども達。
ホットプレートで炒ったヒマワリの種。
畑での作業のことを聞きながら…。
たら〜りたら〜り。
指につけてなめてみて、「美味しい!」「ナッツみたい!!」
でも、あんまり搾れないから味見だけね。

IMGP3170.JPG

搾りカスが大人気!
家にもって帰って肥料にするんですって。
きっと、家の人にも自慢するんでしょうね!

IMGP3171.JPG

そこへ…4年生も登場。
ひと搾り体験。
コンパクトな人数だからこそできる、融通の利く授業ですね。

IMGP3174.JPG

傍らでは、一生懸命ホットプレートで種を炒っています。
こうばしい香りが、学校中に広がっているようです。

IMGP3176.JPG

その香りに誘われて…1年生5名も参加。
給食着姿の1年生、かわいい!
3年生がしっかり搾り方を教えて、フォローしてくれました。
さすが…ですね。

IMGP3178.JPG

さて、2時間かけて50ccぐらい搾れたかな?
畑で収穫したお芋を焼いて食べるのだそう…美味しそう!
左のnano花隊のヒマワリ油は、給食で使ってもらうことにしました。
このクラスは、給食を全部食べることで有名なのだそうです。
そうですよね…食べものの大切さをこうして感じているから。
今日、家に帰ったら、家にある油もラベルウォッチングしようね。

IMGP3179.JPG

外にはビオラやパンジーのポット苗がありました。
これも、種を植えて育てているんですね。
子ども達と一緒の活動は、本当に楽しいですね。
また、ほかの小学校へもおじゃましたいです。
隊長、お疲れさまでした〜☆
posted by みけねこ at 18:10| Comment(2) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
四賀地区、よろしくお願いします。
新四賀小学校になっても、お願いしますね。
Posted by いっとく at 2011年11月09日 22:21
いっとくさん、ありがとうございます。
四賀地区、再来年の小学校統合にむけて、準備が進んでいるようですね。
かわいい子ども達でした〜☆
Posted by みけねこ at 2011年11月11日 08:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。